​【よくある質問】

Q1 監理体制は?

A 組合職員による定期訪問を行います。

​組合職員による企業様の定期訪問を行い、企業様や技能実習生の悩み相談や助言を行い、スムーズな実習実施をサポートします。

Q5 技能実習生のメンタルケアは?

A メンタルケアにも重点を置いています。

組合職員による寮への定期訪問や、他の技能実習生との交流イベントの不定期開催に加え、母国出身の通訳を配置することで相談しやすい環境作りを行うなど技能実習生のメンタルケアに力を注いでいます。

Q2 技能実習生の日本語力は?

A 簡単な日本語は理解できます。

技能実習生は入国前約4~6ヶ月、入国後も約1ヶ月学習を行いますので個人差はありますが実習開始時、多くの技能実習生は簡単なコミュニケーションを取ることができます。実習開始後は日本人の方と日々接することで日本語能力の向上に期待できます。

Q6 日本語指導は?

A 組合職員が日本語学習をお手伝いします。

​日本語能力認定試験・受験の推奨、学習資料の配布や協同組合ワールドジャパン日本語講師による学習方法の指導。技能実習生のモチベーション維持のために成績優秀者には記念品の贈呈や様々なイベントを企画していきます。

Q3 技能実習生と問題が生じた際は?

A 組合職員及び通訳による万全の

 サポート体制

何か問題が発生した場合には、迅速に組合職員が問題解決に向け対応いたします。また、通訳が必要な場面では専任の組合通訳が現地に出向きますので安心です。

Q7 在留資格手続きは?

A 事務処理もお任せください。

技能実習生の入国に係る事務手続きや、入国後の在留資格(ビザ)手続きにも組合職員が親身に対応いたします。

Q4 技能実習生の病気やケガへの備えは?

A 技能実習生総合保険に一括加入

​技能実習生のために設けられた技能実習生総合保険に加入することで通常の健康保険では補い治療費を補完し、技能実習生の病気やケガによる経済的な負担を大幅に減らします。

Q8 帰国後はどうなるの?

A 帰国後の進路にも支援を行います。

3年間の実習で得た技術・知識・経験を存分に母国で発揮してもらうために、取次送出し機関が現地企業への就職支援を行います。もちろん、技能実習生から他に進路相談があった場合には組合職員が真摯に対応いたします。

​上記以外にも、気になる点等ございましたらお気軽に弊組合までお問合せ下さい。

​092-410-6633(事務局)